Countries
ログイン

ローロンがアクチュエータ R-SMARTの新サイズ220を発表

ロングストロークと重荷重用のアクチュエータ

ミラノ、 2013年10月24日

2011年9月に電動アクチュエータ設計・製造の専門メーカーEl.More社はRollon社に統合されたが、Rollon社はこの度R-SMARTシリーズの新しいサイズ220mmを、ロングストロークで重荷重が必要なオートメーションアプリケーション用に発売する。

こ の新しいサイズは、既存の標準サイズ120mmと160mmに加わることになる。Rollon社は高い信頼性、工業用のソリューションに求められる品質を保証するために厳しいテストを行い、コストパフォーマンスの高い製品を生み出した。セルフメイド(内製品)に置き換えられる、価値と安心感のある製品となると考えられる。

R-SMARTシリーズは、ポリウレタンとスチールのハイブリッドベルト駆動、アルマイト処理されたアルミプロファイル、リニアガイドレールを使用して、コンパクトさと高い定格荷重が特徴の製品である。定格荷重は9190N (Fx)、 237.000N (Fy)、 237.000N (Fz)。 

ボール循環のテクノロジーが大きな荷重に対してスムーズな動きを実現し、最高速度4m/s、最高加速度50m/s2に 達する。アクチュエータの最大ストロークは6.000mm(つなぎ仕様で更に長いストロークも可能)、繰り返し位置決め精度は0.1mm。技術的な特徴とパラメータは高い信頼性を感じさせる。また、高いパフォーマンスをキープしながら、メインテナンス性が良いのも特徴だ。

アクチュエータR-SMART220のシンプルな構造は非常に機能的であり、組み付けや潤滑のしやすさも特徴である。

対象となるアプリケーションは、特にロングストロークと重荷重が要求される、組み立てラインの搬送や、一般工業用のオートメーションに歓迎されるだろう。