重量用スライドレールの選定方法と注意点

引き出し用のスライドレールは多くの製品が市場で販売されていますが、重量用のスライドレールはそれほど多くの製品がありません。また、重量物を引き出すために使用されるスライドレールを選定する際には、注意しなければならない点があります。ここでは、重量用スライドレールの選定方法と注意点についてご説明いたします。

引き出し用のスライドレールは多くの製品が市場で販売されていますが、重量用のスライドレールはそれほど多くの製品がありません。また、重量物を引き出すために使用されるスライドレールを選定する際には、注意しなければならない点があります。

ここでは、重量用スライドレールの選定方法と注意点についてご説明いたします。

 

材質

重量物を引き出すには、スライドレールの材質に剛性や耐久性が求められます。通常引き出しに使用される軽量のスライドレールは板金を折り曲げたものになりますが、重量物を引き出すためのスライドレールは板金折り曲げの材質では不十分な場合があります。許容荷重を満たしていても、不可抗力がかかってもスライドレールが壊れないなど、レール自体の頑丈さを考慮する必要があります。
重量物を引き出すためのスライドレールには、板金ものではなく、スチールの引き抜き材を使用した製品を使用される場合があります。価格的には最も高い材質にはなりますが、高い許容荷重を持ち、頑丈さ、信頼性、たわみが少ないといった点において、最も優れた製品の選択となります。

Telescopic Rail - ASN
板金折り曲げタイプの軽量用スライドレール 引き抜き材を使用した重量用スライドレール

 

耐久性

重量物を引き出すスライドレールを選ぶ際には、レールの寿命を考慮した製品の選択が必要になります。軽量用の板金もののスライドレールでは製品の寿命を計算することはできません。しかし、引き抜き材のスライドレールであれば寿命の計算も可能になります。特に、引き抜き材に焼き入れがされているスライドレールは耐久性において非常に優れていることから、重量物の引き出しには、引き抜き材に焼き入れされたスライドレールを選択することがベストな選択となります。

 

ストローク

引き出しレールを選定する際には、引き出しが閉じた時のレール長さと、引き出しを開けた時に必要なストローク長さで製品を選択していきます。レールの長さに対してストローク長さが50%必要な場合、100%必要な場合、150%以上必要な場合など、アプリケーションによって求められるストロークが異なり、それに伴ってスライドレールの選定も変化します。
また、引き出しを一方向だけに開ける使い方、両方向に開ける必要がある使い方によっても、選定方法は変わってきます。

Telescopic Rail - DE

重心位置

特に重量物を引き出す際には、引き出すワークの重心位置をクリアにする必要があります。通常、スライドレールメーカーがカタログに記載する許容荷重値は、引き出すワークの重心がスライドレールの中心にある場合の値となります。
重心位置がスライドレールの中心からオフセットされる場合には、許容荷重値を補正する必要があります。
このように重量物を引き出すためのスライドレールの選定には、いくつかの注意点と、スライドレールに求められる機械的特性を考慮する必要があります。
重量用のスライドレールの販売で世界ナンバーワンのROLLONは、スライドレールの正しい選定方法を技術的にサポートして、信頼性のある製品を日本のお客様へ供給しています。

 

重量級スライドレールのカタログをダウンロード

 

重量級スライドレールのお問い合わせ

ROLLON SpA 日本支店

東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング3F

03-6721-8487

info@rollon.jp