RollonがiMSを買収し、重荷重用のリニアアクチュエータモジュールとロボット走行ユニットのラインナップを拡大

リニアモーションガイド、アクチュエータおよびシステムの大手メーカーであるRollonは、ミシガン州に本拠を置くオートメーション業界向けの標準およびカスタム機械の設計及びメーカーであるIntelligent Machine Solutions、Inc。(iMS)を買収したことを発表しました。

ニュージャージー州ハケッツタウン、2021年8月20日 — リニアモーションガイド、アクチュエータおよびシステムの大手メーカーであるRollonは、ミシガン州に本拠を置くオートメーション業界向けの標準およびカスタム機械の設計及びメーカーであるIntelligent Machine Solutions、Inc。(iMS)を買収したことを発表しました。

今回の買収により、Rollonはリニアアクチュエータモジュールとロボット走行ユニット(RTU)のラインナップを拡大し、45,360 Kgを超える静荷重を可能にし、最大2,000Kgの可搬を持つ産業用ロボットをサポートします。

Rollonの最高経営責任者であるRüdiger Knevelsは、次のように述べています。 「この取引により、当社の製品ラインが拡大し、グローバルで成長を続ける7億ドルのロボット走行ユニット業界に新たな機会が生まれます。」

非常に高い許容荷重に加えて、これらの新しいリニアモジュールとRTUは、多くの業界の自動化された環境に簡単に実装できます。これらは、アプリケーション固有の構成用のモジュラー設計を特長としており、迅速な組み立て用に設計されています。

さらなる特長として

●          剛性の高いスチール構造

●          大型サーボ減速機駆動ラックアンドピニオン駆動システムにより高い位置決め精度を実現

●          多軸構成を標準化