検索

Rollon Seventh Axis range for Universal Robots solutions

Rollonとユニバーサルロボットが、協働ロボット用走行台車 7th AxisをMotekで発表


Vimercate(イタリア)に本拠地を置くRollonグループは、ユニバーサルロボットの協働ロボットの作業範囲を拡張するソリューションを開発。協働ロボットの性能を更に改良しながら、中小企業向けの使いやすい機能を追加します。インストールが容易で、ユニバーサルロボットのタブレットを使用して制御が可能です。...

ROLLONのリニアガイド製品群


短納期、悪環境に強い、取り付け面誤差吸収、あなたの問題を解決するROLLONのリニアガイド

ROLLON: 工業用自動化への、革新的リニアモーション


リニアモーション(直動)システムと、工業用自動化へ組み込むことが可能なソリューションを提案しているROLLON。イタリア、ミラノ北部のVimercateから40年に渡って、更に効率的な自動化の発展に貢献してきました。...

リニアガイド入手難、納期問題の解決方法


昨今のリニアガイドやボールねじの入手難、納期遅れの状況は、製造業界を巻き込む大きな問題として話題になっています。この状況は日本だけではなくヨーロッパでも同様で、解決の見通しがまだ立っていない状況です。...

ROLLON: 短納期のリニアガイド


従来のリニアガイドに代わるROLLONのリニアガイドを2か月で納入。納期だけではなく、様々な技術的アドバンテージを提案します。

ローロンが日本に新支社を開設世界9箇所目


当社は工作機械、ロボット、自動化産業の要となる国にアジアでの活動拠点を集めました。

ローロン社がTMT社を買収、リニアモーションシリーズの強化へ


本社を伊Vimercateに置く企業グループは順調に成長、リニアレールとリニアシステムの市場トップの座を地固め

ROLLONから、総外寸を最小限に抑え、かつ効率的な直線運動を実現する、新型テレスコピックアクチュエータが登場


イタリアに本拠地を置くRollonグループから、産業用の多様な搬送に対応し、スペースの最適化、プロセス時間の短縮、各機械部品にかかるストレスを最小限に抑える、非常にコンパクトなソリューションが登場しました。...

テレスコピックレールの正しい選定方法


ローロンのテレスコピックレールは、厳しい工業用アプリケーションの条件において、高い許容荷重と剛性を提供します。お客様のアプリケーションがテレスコピックレールを必要とする場合、材質やストローク、荷重条件や寿命計算が必要になります。以下がお客様のアプリケーションに正しいテレスコピックレールを選定するためのポイントです。...

重荷重用ラックアンドピニオン駆動アクチュエータ


ローロンのTECLINEは荷重20kgから2000kgまで対応できる、単一もしくは複数軸で構成できる、ラックアンドピニオン駆動のリニアアクチュエータです。

Rollon、Tecno Center を買収


ROLLONがトリノを拠点とする TECNO CENTER社を買収、 リニアアクチュエータ、直交ロボット事業を強化

Rollonがラックアンドピニオン駆動のアクチュエータR-Plusシステムの新製品を発表し、製品レンジをさらに広げる


ラックアンドピニオン駆動はロングストローク及び、垂直軸での利用に適している。

取り付け面誤差を吸収できる画期的なリニアガイド


リニアガイドにとって取り付け面の平行度や高さの誤差、ミスアライメントは設計者、組み付け作業員、そしてガイドの機能性において最大の敵である。...

ローロンがアクチュエータ R-SMARTの新サイズ220を発表


ロングストロークと重荷重用のアクチュエータ

ローロンがテレスコピックスライドレールの新製品LTHシリーズを発表


剛性が高くてコンパクト、ヘビーデューティとライトレールの中間、新しいLTHシリーズは鉄道業界や特殊車両のアプリケーションに最適