検索

新しいTELERACE:自動化のためのテレスコピックムーブメント


Rollon社製のTeleraceテレスコピックレールの機能的で審美的な新設計により、硬化および研削処理が施された転導面搭載のバージョンが導入され、耐久性と優れたスライド品質が向上しました。...

RollonがiMSを買収し、重荷重用のリニアアクチュエータモジュールとロボット走行ユニットのラインナップを拡大


リニアモーションガイド、アクチュエータおよびシステムの大手メーカーであるRollonは、ミシガン州に本拠を置くオートメーション業界向けの標準およびカスタム機械の設計及びメーカーであるIntelligent Machine...

SEVENTH AXIS、軽量型協働ロボット市場をターゲットに、ローロンが製品ラインアップを刷新


この度ローロンは、軽量型協働ロボット市場を対象としたSeventh...

新しいSCアクチュエータ、ローロン垂直軸向け製品レンジの最高峰


ローロンが設計を一新した製品を発表。SCシリーズは設計者のニーズに応えるため外観も機能性も刷新され、プロジェクトの簡素化、パフォーマンス向上、より広範なアプリケーションへの適応を図る。...

ローロン、企業の社会的責任へのアプローチを強化


技術・経済パフォーマンスに対する関心と同時に、社会・環境問題への注目がよりいっそう加速する市場において、製造業部門がその一端を担うのは至極当然のことと言える。このような事実をふまえ、リニアモーションのマルチナショナル企業は、これまで企業内のウェルフェア向上に尽力してきたのに続き、環境サステナビリティに向けて新たな一歩を踏み出している。この歩みは、今後数ヵ月、新しいプロジェクト導入によって進め...

舞台装置で重要な役割を担うストラクチュラルガイド


エンターテインメント産業において、ステージの出来栄えは舞台裏に掛かっていることが多いと言えます。舞台でセットや道具を安全かつ目立たないように移動させるシステムを構成する部品が、実は出し物の真の主役なこともあります。数々の設計課題に挑んで生まれたシステムはまさにそれに当たります。...

SLIDE INTO THE FUTURE: ROLLONが新デザイン製品を発表


設計者や工業デザイナーへの新たなチャンス:Rollonは、Plusバージョンを備えた新たなコンパクトレールおよび新デザインのPlus System、Smart...

RollonとCone Driveが、Timkenをロボット駆動システムにおけるリーダーに位置付ける


「ロボット」と聞くと、ソファでゆっくりしているときに自動掃除機が床を掃除してくれたり、音声認識装置が天気を教えてくれて自動で部屋の温度を調整してくれたりするようなものを思い起こす人もいると思います。確かに便利です。しかし、これら家庭用ロボットよりも大きく、複雑、かつ洗練されたもので、世界経済にとって役立つロボットの仲間がいます。...

リニアアクチュエータ:どの駆動システムをあなたは選びますか?


リニアアクチュエータの駆動システムは製品のパフォーマンスに直接影響を及ぼします。では、どのようにして最適なものを選べばよいのでしょうか?これを説明するため、3つのシナリオを選びました。...

潤滑不要、低ノイズ: ROLLONのスピーディーレール


Rollonのプラスチックコンバウンド製のローラーは、実に80,000kmまでの長寿命、メンテナンス不要で、機械の停止時間を劇的に減少しました:スピーディレールの特長であるメンテナンスフリーは、自動化プロセスにおける生産性の向上が期待でき、お客様の競争力を促す重要な利点となります。...

重量用スライドレールの選定方法と注意点


引き出し用のスライドレールは多くの製品が市場で販売されていますが、重量用のスライドレールはそれほど多くの製品がありません。また、重量物を引き出すために使用されるスライドレールを選定する際には、注意しなければならない点があります。ここでは、重量用スライドレールの選定方法と注意点についてご説明いたします。...

ロボット走行台車、走行軸の納期問題の解決方法


ロボットの可動範囲が足りないので、ロボットを走行台車に乗せて動かしたい。こんなニーズが高まっています。しかし、市場の要望に反して、導入には大きな困難が付きまとっています。その理由は大きく分けて3つあります。...

Rollon Seventh Axis range for Universal Robots solutions

Rollonとユニバーサルロボットが、協働ロボット用走行台車7th AxisをMotekで発表


Vimercate(イタリア)に本拠地を置くRollonグループは、ユニバーサルロボットの協働ロボットの作業範囲を拡張するソリューションを開発。協働ロボットの性能を更に改良しながら、中小企業向けの使いやすい機能を追加します。インストールが容易で、ユニバーサルロボットのタブレットを使用して制御が可能です。...

ROLLONのリニアガイド製品群


短納期、悪環境に強い、取り付け面誤差吸収、あなたの問題を解決するROLLONのリニアガイド

ROLLON: 工業用自動化への、革新的リニアモーション


リニアモーション(直動)システムと、工業用自動化へ組み込むことが可能なソリューションを提案しているROLLON。イタリア、ミラノ北部のVimercateから40年に渡って、更に効率的な自動化の発展に貢献してきました。...

リニアガイド入手難、納期問題の解決方法


昨今のリニアガイドやボールねじの入手難、納期遅れの状況は、製造業界を巻き込む大きな問題として話題になっています。この状況は日本だけではなくヨーロッパでも同様で、解決の見通しがまだ立っていない状況です。...

ROLLON: 短納期のリニアガイド


従来のリニアガイドに代わるROLLONのリニアガイドを2か月で納入。納期だけではなく、様々な技術的アドバンテージを提案します。

ローロンが日本に新支社を開設世界9箇所目


当社は工作機械、ロボット、自動化産業の要となる国にアジアでの活動拠点を集めました。

ローロン社がTMT社を買収、リニアモーションシリーズの強化へ


本社を伊Vimercateに置く企業グループは順調に成長、リニアレールとリニアシステムの市場トップの座を地固め

ROLLONから、総外寸を最小限に抑え、かつ効率的な直線運動を実現する、新型テレスコピックアクチュエータが登場


イタリアに本拠地を置くRollonグループから、産業用の多様な搬送に対応し、スペースの最適化、プロセス時間の短縮、各機械部品にかかるストレスを最小限に抑える、非常にコンパクトなソリューションが登場しました。...

テレスコピックレールの正しい選定方法


ローロンのテレスコピックレールは、厳しい工業用アプリケーションの条件において、高い許容荷重と剛性を提供します。お客様のアプリケーションがテレスコピックレールを必要とする場合、材質やストローク、荷重条件や寿命計算が必要になります。以下がお客様のアプリケーションに正しいテレスコピックレールを選定するためのポイントです。...

重荷重用ラックアンドピニオン駆動アクチュエータ


ローロンのTECLINEは荷重20kgから2000kgまで対応できる、単一もしくは複数軸で構成できる、ラックアンドピニオン駆動のリニアアクチュエータです。

Rollon、Tecno Center を買収


ROLLONがトリノを拠点とする TECNO CENTER社を買収、 リニアアクチュエータ、直交ロボット事業を強化

Rollonがラックアンドピニオン駆動のアクチュエータR-Plusシステムの新製品を発表し、製品レンジをさらに広げる


ラックアンドピニオン駆動はロングストローク及び、垂直軸での利用に適している。

取り付け面誤差を吸収できる画期的なリニアガイド


リニアガイドにとって取り付け面の平行度や高さの誤差、ミスアライメントは設計者、組み付け作業員、そしてガイドの機能性において最大の敵である。...

ローロンがアクチュエータ R-SMARTの新サイズ220を発表


ロングストロークと重荷重用のアクチュエータ

ローロンがテレスコピックスライドレールの新製品LTHシリーズを発表


剛性が高くてコンパクト、ヘビーデューティとライトレールの中間、新しいLTHシリーズは鉄道業界や特殊車両のアプリケーションに最適