SLIDE INTO THE FUTURE: ROLLONが新デザイン製品を発表

設計者や工業デザイナーへの新たなチャンス:Rollonは、Plusバージョンを備えた新たなコンパクトレールおよび新デザインのPlus System、Smart Systemのアクチュエータを市場へ導入します。これら製品は総じて技術と審美性が伴った新デザインの一歩目となる製品です。製造業のニーズを満たすためのパフォーマンス向上と細部まで行き届いた配慮は優先事項であり、Rollonは機能性と独自の美学を付加したいと考えています。

本日6月15日より、技術と審美性が伴った、新製品、新デザインのプロジェクトの始まりとして、Rollonの新製品の紹介をお知らせします。この過程は段階的に全製品に移行していきます。

新製品の最初の恩恵を受けるのは弊社の最も代表的な製品であるコンパクトレールであり、アクチュエータに関してはPlus SystemのELMおよびROBOTの製品群、Smart SystemのE-SMARTおよびR-SMART製品です。これらの製品は全て技術的にはもちろん、デザイン的にも一新されました。製品の外観は、生産水準の高さ、生産工程の効率性、コスト削減の面において、設計者のパフォーマンスとチャンスを増やし、生産現場と完全に統合できる最適な外観の製品をご提供するため、一新されました。

コンパクトレールは、ミスアライメント吸収を主な特徴とし、冷間引き抜き材の転動面に高周波焼入れおよび研削されたレールにスチールベアリングを備えたリニアガイドシステムで、Rollonは、悪環境下および防錆処理(Rollon Alloy-パッシベート処理された電気亜鉛メッキ、ニッケルメッキ、ISO 2081に準じた亜鉛メッキ)への信頼性が高く、 転動面に施された高周波焼入れによる長寿命化、高速運転、耐久性があり、頑強なスチール製スライダー、そして様々なアプリケーションで使用可能となる多くの機能がありますが、新たなバージョンを市場へご紹介いたします。

新たなPlusバージョンは、その上、さらなるパフォーマンスの向上を保証します。複列ボールベアリングのスライダー、凸型状の転動面を備えた新しいレールにより、アキシアル方向で最大+170%、ラジアル方向で最大+65%の許容荷重の増加という、より優れた剛性を保証します。コンパクトレールの全シリーズは一新されたバージョンで、セルフセンタリングワイパーを装備した新しいスチール製スライダーボディ、フェルト素材を使用した必要箇所全体にグリースが行きわたる潤滑システムおよびフロントからの再潤滑、内部コンポーネントを保護するためのサイドシールが備わっています。

アクチュエータに目を向けると、技術革新と設計プロセスは、Plus SystemファミリーのELM製品およびROBOT製品と、Smart SystemシリーズのE-SMART製品およびR-SMART製品に関係しています。

Plus Systemファミリーはアルマイト加工されたアルミプロファイルにセルフサポート構造、駆動は鉄芯ベルトを備えた保護されたリニアアクチュエータで、主な変更点として、ドライブヘッドの差し込み口が、中空シャフトタイプを備えることで、シュリンクディスクを介して減速機を取り付けることができます。この新機能により、減速機やモーターはお客様が直接アクチュエータに取り付けることができ、お客様自身の時間や、手順、コストの面で非常に効果的で製品化までの時間が大幅に短縮されます。

外観的観点からみると、Plus Systemシリーズの製品は、丸みを帯びた正方形のヘッドに青のカラーリングで仕上げています。新しいコンパクトレール製品に搭載されたセルフセンタリングワイパーを連想させるRollonのロゴもドライブヘッドに付いています。キャリッジプレートの最新バージョンのデザインに変更されています。

Plus Systemファミリーで導入された新機能は、SmartSystem製品群にも反映され、Plusファミリーと密接に関連したアクチュエータファミリーであり、非常に適切な価格設定と品質、高性能でシンプルな構造が特徴的です。Smartシリーズの製品群は、黒い駆動ベルト新たなキャリッジが追加されました。また、伝動ベルトによって形成されたラインに連続性をもたせる形状を備えたドライブヘッドのデザインとなっています。