航空機インテリア

航空機インテリア

航空機産業は常にアバンギャルドなテクノロジー、性能、材質、特別なソリューションを求めており、非常に要求度が高い業界です。航空機のインテリアデザインは、軽量、高い定格荷重、コンパクトさ、高剛性、取り付けの容易さなどの特性が求められ、これらの特性が乗り心地のよさ、高い人間工学に基づくデザイン、そして製品の長寿命を保証します。また、インテリアだけでなく、航空機産業周辺機器に関しても、剛性、定格荷重が高く、スライド性能がよい製品が求められます。さらに低メンテナンスでなければなりません。

航空機内装サブアセンブリ取り扱い、信頼のパートナー

航空機にとって部品の重量を減らすことは、燃料にかかるコストを削減できることを意味し、メンテナンス頻度が低い製品を使用することは、航空機がメンテナンスのために地上に止まっている時間を減らすことを意味します。

そのため、航空機産業に関わる部品メーカーは、製品の頑丈さ定格荷重の高さ、 コンパクトさ、 そしてとりわけ 軽量化に力を入れることになります。さらに、 動きのスムーズさと低ノイズ 、人間工学に基づいた設計 が、航空機インテリアデザインにとってのキーポイントとなります。

特殊プロジェクトとカスタマイズ設計において、Rollonは 長年に渡る主要航空機キャビン内装メーカーのパートナーであり、 また空港関連の特殊車両や設備へ部品を供給しています。

SFC & ビジネスクラスシート

お客様のソリューションデザインへのサポート内容は:

アプリケーションのサイジングとエンジニアリング

カスタム製品試作

オンデマンド 2D / 3D 図面

サブシステムとフルアセンブリの協調設計サービス

社内実験場にて静荷重・耐久試験

初回取り付け・モックアップの現場サポート

プロダクトトレーニング

Rollon のレールなら重量20%減、シートの軽量化が可能