あなたの課題

テレスコピックガイドによる片持ち荷重の移動:Rollonの課題

方法

テレスコピックリニアガイドが直面する最も難解な課題は何ですか? 確かに片持ち荷重の取扱い:多くの生産状況や一部のアプリケーションではかなり一般的な状態です。ガイドは、最大延長時でも剛性、たわみなし、スムーズな動きを保証する必要があります。これらすべての条件に当てはまるには、並外れた強度と強度特性を備えたガイドを実装する必要があります。

Mechatronic SolutionsはRollonを信頼しています

自動化用のアクセサリ機器のメーカーであるMechatronicSolutionsは、顧客の1人のために、機械の手入れ作業で機械の隣に実装されるカートを設計しました。カートの引き出しには、金型や切削工具などの機器があります。その構造と引き出しは基本的に以下の2つの基準を満たさなければなりませんでした:
– たわむことなく、最低272kgの重量を支える
– 完全に開くことができる

また、堅牢性があり、たわみがない(曲がらない)という条件は、(そして特に)最大の抽出にも絶対に適用しなければなりませんでした。
ソリューションを設計する最初の試みでは、正方形のプロファイルでのスチールガイドの適用を確認しましたが、それらはすべて、最大の抽出、最大の剛性、強度すべての適用要件を満たすことができませんでした。

当社の製品を長年使用なさっているMechatronicsのエンジニアは、Rollonのエンジニアに連絡して、アプリケーションの構造的および工学的特性について話し合い、最適なガイドソリューションを設計する方法についてのアドバイスを受けました。

テレスコピックガイドによる片持ち荷重の移動

Rollonのテレスコピックガイドの利点

Mechatronic Solutionsは、アプリケーションを開発するためにテレスコピックレールシリーズのガイドを使用することを選択し、DSS-43-690モデルの2つのガイドを一体化させました。これらのテレスコピックガイドは冷間引抜高炭素鋼製で、また転動体としてケージベアリングが組み込まれています。一対のレールあたり3,600kgに達することができ、また最大抽出時(ストロークの150%に達することができる)でも曲がらない程の耐荷重は、要件にうまく対応します。

テレスコピックレールは、ISO2081に準拠した電気亜鉛めっきで処理され、焼き入れ処理された転動面を備えています。これらの仕上げ工程(そしてご要望に応じて可能な防食処理を追加)によって、過酷な環境でも安心して、滑りの質の良さを感じながら長く使用できるようになっています。

機能的特徴

テレスコピックレールガイドは、双方向延長で最大4メートル伸縮自在となります。これらの機能特性により、鉄道、自動車、航空、食品および飲料、イントラロジスティクス、産業機械の分野など、さまざまな分野でのアプリケーションに特に適しています。堅牢性、曲げ強度、最大の滑り性能という特性を兼ね備えており、高い位置決め再現性を確保しながら、非常に大きな荷重にも対応できます。

実際、この製品群には、フル及びパーシャル(部分)テレスコピックガイドがあり、8つのシリーズのさまざまなセクションで構成されています。たわみに強い中間コンポーネントは、S、ダブルT、またはスクエアバージョンがございます。貴社のニーズに最適なテレスコピックガイドをぜひ見つけてください。

お客様のニーズに最適なテレスコピックガイドを発見する

定期購読する

Rollon worldに参加すると、毎月のアップデートを受信トレイにお届けします。

Select your country

Rollon に問い合わせる

当社のエキスパートがお客様の課題を解決します

新しいパーソナルスペースに登録する

パーソナルスペースの再登録
Rollonのデジタルエコシステムへようこそ
既にrollon.comのアカウントをお持ちですか? あなたのパーソナルスペースを継続使用し、新しいフィーチャー活用するために、以下のリンクから新たに登録を行ってください。。

登録を完了する