あなたの課題

リニアレールシステム、さまざまな機能を組み合わせるための最良の方法

Webinar

産業モーションシステムの設計者が直面する最大の課題の1つは、ミスアライメントの吸収(管理)です。一部のレールタイプ、通常は再循環ボールを備えたレールタイプでは、設置と組み立てに非常に高い精度が求められ、支持面の準備と調整に追加費用がかかることがよくあります。

さまざまな特性を有し、安定性、強度、精度、再現性のある移動を確保できるレール、 さらに重大な半径方向(ラジアル)のミスアライメントにも対応できるレールを、適切な構成で組み合わせることで、費用を抑えながらアプリケーションを開発できます。

 

T + U、効率的な組み合わせ

クライアントの一人の所に設置されたアプリケーションには、複数の要件を満たす必要がありました。TプロファイルとUプロファイルのリニアレールの組み合わせにより、次の特徴を効果的に組み合わせることができました:

• 精度
• 正確さ
• 速度管理
• ミスアライメント吸収
• 工程で発生する粉じん汚染の管理。

リニアガイドシステム

その方法を見てみましょう。

まず、ガラス容器に繊細な刻印するために、約10kgのレーザーヘッドの重量を放射状に支える必要がありました。ヘッドは毎秒約1.8mの速度で移動しました。

ヘッドの正確な配置は、質の高い職人の技量を保つために不可欠でした。

第二に、(レールの平行度が失われている状況でも)セルフアライメントを確保し、アプリケーションのコストを削減しなければなりませんでした。TプロファイルレールとUプロファイルレールを組み合わせることで、これらの結果が得られました。

 

Tガイド:精度と正確さ

Tレールはアプリケーションの上部に設置されました。ヘッドの荷重のほとんどはこのレールにかかっており、その移動の精度と正確さを確保しなければなりません。実際、レールのプロファイルは、スライダーの意図しない半径方向(ラジアル)および横方向(アキシャル)の移動を中止することによって剛性を作り出します。

リニアガイドシステム

ズレを管理するためのU字型ガイド

代わりに、U字型のプロファイルレールが下部に配置されています。スライダーを自由に滑走させることができるため、最大長さが4mのトラックで最大4mmの平行度のずれを管理できます。
異なるプロファイルと指定の特性を有する レールの組み合わせにより、構造全体に追加費用(正確な精度パラメータでの再循環ボールベアリングレールの実装に必要な費用)が発生することなく、シンプルで効果的な応用ができます。

汚染管理の重要性

アプリケーション全体で最も困難な要件の1つは、ガラス粉による汚染の管理でした。レールに汚れが付着すると、結局はスライダーの滑走に悪影響を与える可能性があるため、追加のメンテナンス費が必要になります。

 

コンパクトレール:ローロンリニアガイドが選ばれる理由

Compact Railなど、ローラーベアリングを備えたリニアレールは、以下のようないくつかの要因による汚染物質の処理において他のボールベアリングレールよりもはるかに効果が見られます:
• 転動体の直径がかなり大きく(直径最大1インチ)、軌道上の障害物を簡単に取り除くことができます。
• レースウェイの不純物から保護し、それを除去するオプション。
これにより、このタイプのレールは、汚染環境やミスアライメントの吸収が重要な要件である作業環境で特に有能です。

リニアレール コンパクトレールプラス

半径方向(ラジアル)および軸方向(アキシアル)のミスアライメントに対応できるレールまたはレールシステムが有する利点の詳細について知りたいですか? ホワイトペーパーをダウンロードしてください。

定期購読する

Rollon worldに参加すると、毎月のアップデートを受信トレイにお届けします。

Select your country

Rollon に問い合わせる

当社のエキスパートがお客様の課題を解決します

新しいパーソナルスペースに登録する

パーソナルスペースの再登録
Rollonのデジタルエコシステムへようこそ
既にrollon.comのアカウントをお持ちですか? あなたのパーソナルスペースを継続使用し、新しいフィーチャー活用するために、以下のリンクから新たに登録を行ってください。。

登録を完了する